女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★赤ちゃんに飲ませるK2シロップとは?

先日、産後ケアのためにいらしている患者さんから、母子ともに一か月検診に行ってきましたとご報告いただきました。赤ちゃんにもお母さんにも特に問題はなく、K2シロップが出ました、とのこと。K2シロップって中身は何かしら?と聞かれました。

ケガなどで出血すると、血液が固まってかさぶたになりますが、この血液が固まって出血を止めるのも、血液の中に含まれる素材によるのです。その素材が作られるためには、必ずビタミンKが必要で、欠乏すると出血が止まらないということになります。

発症するのは数少ないとのことですが、赤ちゃんでは頭蓋骨内で出血してしまうことがあるそうです。 そのため、出生後すぐや退院時、一か月検診の際に少量ずつ含ませることが、推奨されているわけです。万能な母乳ですが、胎児のときにビタミンKが胎盤を通りにくい性質があったり、母乳に含まれる量が少なかったり、赤ちゃんのまだ未熟な腸内でのビタミンKの産生量が少ないなどの原因で欠乏することもあるとのことです。そのための予防措置としてのK2シロップなんですね。

京浜東北線鶴見駅西口 徒歩1分 女性のための鍼灸治療室 ミキ・クーレでは産後のケアも行っています。週に1回は赤ちゃんをパパやジィジ、バァバにあずけて、身一つで治療にいらしてください。気分転換にもなります。もちろん子宮の復古(元の状態にもどること)の助力にもなると考えています。