女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★赤ちゃんとマッサージオイル

先日入ったイタリアンレストランで、お料理がとても美味しかった上に、お土産にボタニカル・エッセンシャルオイルをもらいました。植物性と聞いただけで、肌に優しいかなと思い、よろこんで使わせてもらっています。

ところで、以前、ピーナッツオイル入り保湿クリームが、生後6か月以内の赤ちゃんに使われて、その結果、クリームを塗ってもらった赤ちゃんのほとんどが、大きくなってからピーナッツアレルギーを発症したという報告がありました。通常、赤ちゃんの肌は、しっとりしているように見えますが、生後3か月ころからは乾燥もしやすく、保湿に気を配ることも必要なようです。湿疹やオムツかぶれなどで、皮膚に炎症があるときに、かわいそうだからと塗ってあげたピーナッツオイル入りクリームが、つらいアレルギーを引き起こしたのでは、本末転倒です。

湿疹も何もない健康な肌に対しては、ピーナッツオイルなどの植物性のオイルを塗っても何も問題はないのですが、そうした炎症を起こしている皮膚は、体が外敵から自分を護ろうとして、免疫細胞が過剰に興奮しているので、クリームの成分のピーナッツに対する抗体が、赤ちゃんの体の中で作られてしまいます。その後、食物としてピーナッツを食べた時に、必要のない免疫が働いてしまい、アレルギー反応を起こすと考えられています。 炎症を起こしてしまった肌の場合は、病院で処方される薬用のものを使用し、日頃は、さまざまなベビー用クリームが販売されていますので、内容を確認の上、できるだけ保湿を心がけてあげたいですね。