女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★白内障の手術はいつ受ければいいのでしょうか。

 50代から80代の患者さん数人が、医師に白内障手術を勧められ、セカンドオピニオンを聞いてみたら、慌てなくても大丈夫と言われ、ほっとしたという方がいらっしゃいます。加齢による白内障は50代で37~54%、60代で66~83%、70代で84~97%、80歳以上ではほぼ100%とされています。

 

白内障は、眼のいわゆるレンズに当たる水晶体が、本来透明であるはずなのに、徐々に濁ってくる状態です。水晶体の中に存在するクリスタリンタンパクというタンパク質が紫外線などの様々なストレスにより、異常なサイズの塊となるために、外からの光が眼の奥に届かず視力が低下したり、反射して眩しく感じたりします。

 

一般的には急を要する手術とはされないようですが、「核白内障」は水晶体の中心部が時を追うごとにガチガチに硬くなることがあり、手術の際に合併症が起こりやすくなるため、早い段階での手術が奨励されます。ですので、急速に視力が下がったり、まぶしさが気になりだしたら一度診てもらうといいですね。

 

そのうえで、日常生活に支障を来しているのであれば、手術に踏み切るのもよいでしょう。一度人工レンズに替えたら通常は一生使えるとされています。ただ、様々な種類のレンズが開発されていますので、自分のニーズに合ったものをよくよく検討され選ばれることをお勧めします。

       f:id:mikicure:20190718201402j:plain