女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★初めての贈り物★

先日、今まで生きてきた中で、初めての贈り物をいただきました。それは、「詩」です。治療室の入り口に、叔父が作ってくれた布袋(ほてい)さまが鎮座しているのですが、その満面の笑顔をとても気に入った患者さんが、布袋さまを題材にしてつくってくださったものです。

 

内容については、ご本人の確認が必要なので後日、発表出来ればと思います。さっそく治療室入り口の本棚の上に飾らせてもらっています。ところで、詩を書くという行為は脳のためには最強のトレーニングになるようです。

 

何を題材に選ぶかに始まり、自分の思いをどう表現するのが最適かを考え、贈る相手がいれば、その人がどう感じるかを想い、言葉を厳選し、文章を一時的に記憶し、昔の記憶の一部を思い出したり・・・というように、脳の様々な領域を使う行為です。

 

脳も体の一部なので、例えば家で毎日ゴロゴロしていれば、骨や筋肉が衰えてしまうように、知力も脳に負荷を与えなければ衰える一方になると考えられます。また、読書に比べて、文章を書く方がより脳に負荷がかかり、疲れるといわれます。その分、脳の鍛錬になるということですね。

 

今は、毎日少しの筋トレに勤しんでいますが、私もいつか、詩を書くことへ挑戦!!という選択肢もあります。脳トレも大事だな~と思う今日この頃です。

f:id:mikicure:20180621163145j:plain