女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★ 小学生の肩こり!!

近年、小学生も肩がこる、腰が痛いということを耳にする機会が増えたと思います。教科書が重い、学習時間が長く、同じ姿勢をとらなければならない、など原因と考えられることは多々あるようです。

また、スマホやゲームを見ることもあり、狭い範囲なので目をほとんど動かすことなく、指先だけを動かしていて、首や肩回りの血流が良いわけはありません。さらに前かがみの姿勢は子供にとって重たい頭部を、後頚部や肩の筋肉だけで支えることになり、余計に負担がかかります。

早いうちから‘はり’などでメンテナンスをして、痛みをやわらげ、そうしている間に対策をとりましょう。具体的には、やはり姿勢を正すことが一番だと思います。背骨は前後にS字状カーブを描き、バネのような役割を果たします。その上に体重の約10%ほどの重さの頭が乗っています。

 

S字のバネの上に、上手く頭部が乗っかると、胸郭がよく動き、呼吸がスムーズで、全身に酸素が良く行き渡ります。そのように感じられる姿勢を出来るだけ多くの時間、取れるような工夫を親御さん共々考えていきましょう。

悪い姿勢のまま骨格が成長してしまうのは、お子さんの将来にとってつらいことになります。思春期を過ぎる頃(男性18歳、女性16歳頃)には骨の成長もほぼ止りますので、その前にできることはしておきたいですね。

 

お子様へのはり治療は痛みを与えることなく、楽しみながら、施術します。温かくて気持ちよい‘おきゅう’もお子さんは結構気に入ってくれます!ぜひ、施術を受けてみてください。

横浜鶴見の女性のための鍼灸治療室 ミキクーレではお子様のためのはり・きゅう治療も行っています。