女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★ ダイエットもぎっくり腰も1日にして成らず⁉️

ダイエットというと、体重を何キロまで落とそう!と目標設定をしますが、何より見た目の引き締まり具合や、全体のバランスが印象をよく見せてくれるのであって、数グラム増えた減ったということに一喜一憂することはないかと思うのです。 また、ぎっくり腰というと突然起こったかのように思いがちですが、ぎっくり腰を起こしてしまうような日常の体の使い方などが積もり積もっていて、そこにちょっとした刺激が加わり、起こってしまうということがあります。

 

そこで今日は、腰回りの筋肉の引き締めと、腰痛予防に効く一挙両得の体操をご紹介します。日頃から忙しい毎日を過ごされている主婦やビジネスパーソンが多い昨今ですので、「〇〇しながら体操」がいいのではないかと思います。そうすれば、体操のためにたくさんの時間を費やさなくてもOKです!

さて、〇〇しながらの〇〇に歯磨きを入れてみました。歯磨きはどれだけ忙しい方でも、朝と寝る前には必ずしていると思われるからです。どちらかの手は歯ブラシを持っていてふさがれますが、両脚は自由に使えます。

まず、左足をほんの少しまげて立ち右足は膝をピーンと伸ばして上に持ち上げます。出来るだけ高く上げたいところですが、最初から無理は禁物です。少しだけ上げて、片足で立つだけでも初めての時は大変だと思います。逆の脚も同様に行います。

 

まずはこれを一週間続けてみましょう。歯磨きの部位1カ所20秒くらいから始めます。一回の歯磨きで4分間ほどになります。太ももの前の筋肉や腰から脚にかけてのインナーマッスルが働きます。片足で立つことで、身体の中心軸(背骨)周りの筋肉のバランスが微動を繰り返しながら整っていきます。

 

ほんの少しの時間でも、毎朝毎晩続けてみると確実に筋肉の変化を実感できます。背骨周りの筋肉が整うと腰痛を起こすリスクが減少してきます。

横浜鶴見の女性のための鍼灸治療室ミキ・クーレでは、日常できるダイエットのアイデアなどもご紹介しています。090-7172-9051大倉まで