女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

赤ちゃんを授かりたいと願うすべての方へ

現在、あるいは近い将来に赤ちゃんを授かりたい!と思っているあなた、一人で思い悩んでいないで、まずは自分やパートナーのこころと身体を整えることから始めましょう。そして赤ちゃんを授かり、産み育てるための生活上の準備も大切です。ひとつひとつの悩みに向き合って、コツコツと実現に向けて歩んで行きましょう。

⑤     家族計画はまだないが、必ず出産したい。

一般的に、女性は37歳を境に妊娠力が急速に低下するといわれています。その ため将来、お子さんを望む女性は、遅くとも30代前半には出産に至る計画を立て始めるこ とが望ましいと思われます。

 

昨今は、結婚して将来的には子供を授かりたいが、もう少し仕事に専念したい女性

や、結婚はまだでも、将来子供を授かりたいと願う女性、あるいは病気の投薬治療 な どの前に採卵する女性も、増えていると思います。

 

そういう方のために、受精の予定はないが、卵子を採卵し凍結保存しておくという方法があります。それは、年齢と共に低下する卵子の妊孕(にんよう)性(受精から分娩後までの生殖能力)の温存のためです。しかしながら、ある統計では採卵したことで、安心してしまい、病気の方は別として、結婚や出産に前向きに動き出すことにはならないというものがありました。

 

人生の経過の中で、計画には各人のタイミングがありますので、一概には言えないことですが、やはり身体的年齢が及ぼす影響は様々なところに出てこざるを得ません。 ですので、家族を増やしたいと願う気持ちが強いのであれば、真っ先に子供を授かるための準備にとりかかりましょう。 鍼灸(はりきゅう)治療は、生理不順や生理痛などの妊娠にかかわる課題にも効果的に働きます。からだを整えたいと思う方は、ぜひ一度鍼灸治療を受けてみたください。