女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

赤ちゃんを授かりたいと願うすべての方へ

現在、あるいは近い将来に赤ちゃんを授かりたい!と思っているあなた、一人で思い悩んでいないで、まずは自分やパートナーのこころと身体を整えることから始めましょう。そして赤ちゃんを授かり、産み育てるための生活上の準備も大切です。ひとつひとつの悩みに向き合って、コツコツと実現に向けて歩んで行きましょう。

冷え性がつらい。

 自分が冷え性である、と自覚している女性はかなり多いことと思います。冷えは血液の流れにとっては、いい効果をもたらしません。身体の下の方にある足が冷えると、今度は骨盤内の血液循環が変わり、子宮や卵巣の状態にも影響が及ぶと考えられます。

特に夏の冷えは、季節に合わない室内の低い温度と、高い外気温とのギャップのため、体調が乱れます。また、本来夏は皮膚に近い血管が開いて、体熱を発散させるように自律神経が働くのですが、冷房で冷やされることで、血管が開く暇がなく、体熱を身体に溜めてしまい、熱中症にもなりやすい身体をつくってしまう、という悪循環も起こします。

 

夏の冷え対策としては、外を歩いて汗をかき、冷房のきいた部屋に入る場合は、とにかく早めに汗をぬぐいましょう。濡れたままの下着や靴下は、気化熱で皮膚温を急速に下げることになり、冷えを助長します。できれば、取り替えたいですね。また、基礎体温アップにもシャワーだけの入浴にせず、一日一回は湯船に浸かり、毛細血管の隅々まで広げてあげて、全身の血流をよくしておきましょう。冷たい飲み物や食べ物は外出から戻った時の楽しみにして、あとは常温や温かな食べ物もおいしくいただきましょう。

また、冬は冷えるからとカイロを貼ったりしますが、外からそうした熱を入れてしまうと、その部分はかえって、汗をかくことになり、自律神経が乱れます。できるだけ自身の体熱を逃がさないような工夫をして、冬の寒さを乗り切りましょう。例えば、腹巻をするとか5本指ソックスをはく、靴下の重ね履き、レッグウオーマーをするなどが、定番的な対処法です。

さらに積極的に循環を良くしていくには、自律神経の乱れを整える効果も期待される鍼灸(しんきゅう)治療がおすすめです。お灸や鍼でその方にとって必要なツボを刺激して、身体全体の気血のバランスをとり、冷えやほてりが起きないよう調整します。

今年の夏のような不順な天候では、自律神経は調整の落としどころが見つからず、右往左往して乱れやすいので、秋の気配を感じる前に、早めに対処したいものです。