女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

「歯が浮く」といいますが、実際に歯が浮いているのでしょうか。

 歯は外から見えない部分があごの骨に埋まるようにして生えています。 その見えない部分が歯根と呼ばれ、骨との間には歯根膜という薄い膜があります。その中には神経や血管、 リンパ管などが豊富に走っているので食べたものが硬いのか軟らかいのか歯にくっ付きやすいものなのかなどの判断ができます。

この歯根膜にダメージを受けると血流やリンパの流れが増えてその部分を修復します。そのため歯と骨の間が分厚くなり感覚としては歯が浮いたように感じます。例えば全身的な疲労やストレス、歯ぎしり、硬いものの食べすぎなどで休みなく歯根膜が刺激されたり歯周病によって歯根膜が腫れてしまいます。

また、食物によるアレルギーがこの歯根膜で起こることもあり歯が浮くことがあります。鍼灸治療は全身的治療が主体ですが、局所の違和感や痛みを緩和するツボがあります。