女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

生理不順はどうして起きるのでしょう。

 生理には女性ホルモンの働きが不可欠です。女性ホルモンに限らず、すべてのホルモンは人間の身体の中で作られて、それぞれの臓器にあるホルモンを受け止める部分に結合して効果を発揮します。ところが身体の外からもホルモンと似たような物質が日常的に入ってくるので問題になります。

例えばシャンプーやリンス、化粧品、洗剤、歯磨き粉などは現代の暮らしには一般的な生活用品ですがいわゆる環境ホルモンといわれる主に石油系の原料で作られた物質が含まれています。ひとつの日用品には微量でも重なり合うとホルモンバランスを崩すほどの量になり問題となるのです。

人間の身体はうまくできていて、ある臓器が必要量のホルモンを作れていないと、別の臓器がそのホルモンの分泌が盛んになるようにできる別のホルモンを分泌して必要量のホルモンを確保するというシステムが整っています。

ところが、身体の外からホルモン類似物質が入ってくると、そのホルモンと同じような働きをする物質が身体の中を必要以上にめぐってしまうので、各臓器、各ホルモンの分泌状態に混乱が生じてしまいます。特に女性は約1ヶ月という生理周期があるため影響が目立ちます。

ホルモンバランスは体内の栄養状態や心理状態などからの影響も受けますので環境ホルモンばかりが生理不順の理由ではありませんが、外からのホルモン類似物質はできるだけ避けたほうがいいわけです。

対処法として例えば、プラスチックの食器や温めたペットボトル、合成界面活性剤が入った洗剤などを避けたり、殺虫剤を使用しないなど生活の中でちょっとずつできることもあります。これから妊娠、出産を望む場合は男性もそしてもちろん女性も特に気をつけたいですね。