女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校教師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

逆子は鍼(はり)やお灸(きゅう)でもどるの?

「逆子の灸」ともいわれる、昔から使われているツボがあります。

通常赤ちゃんは頭部からこの世界に顔を出すわけですが、体内にいる間、幾度もあっちを向いたりこっちを向いたりしています。大分、体が大きくなってきてから逆子になって、そのままお尻を下にして定着してしまうと、帝王切開になるわけですね。

鍼灸治療をしていても逆子になる場合はありますが、そのツボに少し強めのお灸をしたり、経絡を整えるなどしていけば、なおる確立はアップします。また、ご自宅でも自分で出来るお灸を続けていただくとさらにいいようです。

先日も出産を控えて少し早めに帰省されることになった患者さんが逆子になり、ご自宅でもお灸をしていただくことで、検診の時はもどっていました、とおっしゃってご自身でも自信が持てたようでした。大事なのは、お母さんが最後まであきらめないことです。
母子共にやはり通常の分娩がいいのです。