女性のための鍼灸治療室ミキクーレ 美容・健康豆知識集

経験豊かな鍼灸学校講師の女性鍼灸師が、すこやか美人になるための美容と健康のヒントを解説しています。

★マスク着用に注意!

素敵なマスクや高機能なマスクなど、短期間にマスクの世界が広がりました。素材や構造もさまざまあると思います。ただ、私たちが気軽に手に入れられるものとしては、100%病原体の侵入を防ぐものはないと思います。

一般的なマスクの効果は、①突然の咳やくしゃみの飛沫を周辺の人に飛ばさずに済むこと②大きな声を出す時に唾液を飛ばさずに話せること③自分の指先についている微生物を口元や鼻の粘膜に近づけずに済むこと④寒い時には気道の乾燥を防ぐことでしょう。今、この暑さの中マスクの是非が問われます。

特にお年寄りは身体の水分量も少なく、汗をかきにくくなっているので、身体に熱がこもりがちです。マスクの着用は、頭部を保温しているようなもの。道で人と瞬間的にすれ違うぐらいの場合、不必要ではないでしょうか。皆が理解を示し、この梅雨から夏の熱中症を防ぎましょう!!

f:id:mikicure:20200703224729j:plain

熱中症に注意!

 

★運転し「ながらスマホ」を見るのは危険!過信は禁物!

ここ数ヶ月は、コロナに感染しないための自衛策として、出来る限り車で通勤しています。ただ、裏を返すと、微々たる量でも排気ガスが増えるということに他なりませんが・・。そこで、目につくのがスマホを観ていたり、渋滞中のノロノロ運転中に下を向きつつ、時々前の車の状況を確認しているドライバーです。

もちろん運転とスマホの作業を同時に行えば、道路交通法違反です。ヒトは車の運転にもスマホの内容や会話にも、それぞれに注意を払い、運転には瞬時の判断が求められたり、会話では記憶を引き出してあるいは相手の反応によって、次に何を話すかなど、能動的に決めていかなければなりません。

そのようなきめ細かな作業を同時に2つしようとしても,ヒトの脳の中では、一方の作業が終わらないうちは、もう一方の作業は開始できずに待たされると考えられています。そのため、いったん会話の内容に集中した注意は、すぐには運転場面に戻らず,見落としが増えたり,ブレーキが遅れることにつながるようです。過信は禁物です!

f:id:mikicure:20200626224615j:plain

ながらスマホは禁物

 

★今年は大型扇風機を設置しました!

わが治療室では、患者さんに着替えをしていただくエリアがそう広くはないので、夏にはお着換え時のドッと出て来る汗を少しでも抑えられればと、小さな扇風機やサーキュレーターで風を送っていました。

ところが、今年はコロナ禍により患者さんが帰られてから、消毒や換気を行った後、次の患者さんを迎えますので、いつもより広い場所が空くことになり、大型扇風機を置く余裕が出来ました。自然の風ではないですが、汗が乾いて皮膚温が下がり、多少は気持ちよく着替えていただけることを期待します。

扇風機には2タイプあるそうで、DC(直流)モーターの扇風機は風量を抑えた優しい送風が出来るとか。私が購入したのは従来型でAC(交流)モーターで羽を回すタイプです。とにかく来室してすぐのドッと湧き出る汗に対抗してほしいので、そよ風でなくともよいのです。活躍を期待します!!

f:id:mikicure:20200619215731j:plain

大型扇風機

 

★健康的に体重を落とす「天然のやせ薬」?!

一日1時間は散歩をするし、間食もせず、ご飯のお代わりもしていないのに、理想体重には程遠い・・・というような話を聞くことがあります。

「理想体重を目指すには、腸内細菌が決め手になる」という報告は数多くあります。腸内細菌は600兆~1000兆個、1000種類以上いるとされ、約1.5kgにもなるそうです。いわゆる善玉菌:悪玉菌:日和見(多勢の方に加担する)は2:1:7の割合となるのが理想的。

この日和見菌こそが「やせ菌(バクテロイデスなど)」と呼ばれます。やせ菌により、食物繊維の分解時に「短鎖脂肪酸」が作られ、この「短鎖脂肪酸」が脂肪燃焼、全身の代謝を上げてエネルギー消費アップ、食欲抑制をサポートする「天然のやせ薬!」と呼ばれています。

やせ菌の好物は、水様性食物繊維(芋類、野菜、大豆や大麦などに豊富)とされますが、不溶性食物繊維(ゴボウやきのこ、豆類などに豊富)も大切です。また活きた微生物(みそやヨーグルトなどの発酵食品)を取り入れると、「やせ菌」は刺激を受けて活性化されるそうです。

私はこの食物繊維豊富な「なんでも野菜のごった煮スープ」をほぼ毎日食べています。作り置きして、冷凍しておきます。中身は、その時安く購入できる野菜。玉ねぎ・じゃがいも・にんじん・キャベツ・かぼちゃ・しいたけ・ブロッコリー・セロリetc.を細かく切ります。あとは煮るだけ!アレンジ色々!

f:id:mikicure:20200612184052j:plain

なんでも野菜のごった煮スープ

 

★幸運を運ぶ「てんとう虫」!!

先日、ある方からてんとう虫の絵葉書をいただきました。その葉書を持ったまま部屋に入り、着替えをしようとズボンのすそを見ると小さな点がありました。よくよく見ると、なんと写真の黄色いてんとう虫でした。こんな偶然はめずらしいと思い、思わずてんとう虫を調べてみることに・・。

すると「てんとう虫は幸運のシンボル!」という記事の中で、てんとう虫を手に乗せると、指先から飛び立つ姿が、まるで太陽に向かって飛ぶように見えるので、太陽の別名「お天道さま」を象徴する虫ということで、てんとう虫と呼ばれるようになったとか。名前の由来を初めて知りました。

「太陽のように生命の源となるエネルギーや活力が与えられますよ!」というメッセージだと受け止めたいと思います。新型コロナウイルス渦中ですが、てんとう虫が飛んできてくれて、自分が出来ることを地道にやっていくことでいいのかなと、思う今日この頃です。

f:id:mikicure:20200605203804j:plain

てんとう虫

 

★お茶で‘うがい’は効果的?!

緑茶に含まれる成分であるカテキンなどが、インフルエンザウイルスの増殖に不可欠なタンパク質の働きを抑えるという効果や、その他の例えばヒト免疫不全ウイルス(HIV)に対しても抗ウイルス作用を示すということが、さまざまな研究により報告されています。


その成分は、ウイルス粒子に直接作用して、ウイルスが細胞に吸着することを抑制し、細胞内でのウイルスDNA合成を阻害するなど、様々な作用を持つということです。新型コロナに効くかは不明ですが、昔から飲まれている緑茶にこのような作用があることは、頼もしい限りではないでしょうか。

今はコロナ渦中ですが、この緑茶を利用しない手はありません。

新型コロナウイルスについては、まだ未知の部分ばかりですが、感染者の舌表面に多く集まっているということも言われています。水分補給の際に緑茶でうがいし、それから補給するということも、われわれ一人一人ができることのひとつです。

f:id:mikicure:20200529215847j:plain

お茶でうがい

 

★感染防止のための帽子の効用?!

人は1時間に20回程度は無意識のうちに髪の毛を触っているという統計があるそうですが、万が一飛沫内のウイルスが髪の毛に存在した場合、髪を触った手で口や鼻、眼などに触れることになれば、感染の可能性は否定できません。

ネット通販サイトでは、新型コロナウイルスの感染予防にと、透明の防護バリア付き帽子がたくさん販売されています。「密集を作るな!」といっても電車の中や、駅の構内など見知らぬ者同士の密集が作られざるを得ないのが現状で、そんな時には少し大げさなようですが、バリア付き帽子も有益ですね。

また、帽子をかぶることで髪の毛に直接触れる機会が軽減するというのは、感染防止に一役買うことになるでしょう。これからの季節に合う、涼しくて編み目がガーゼマスクのように細かく、すぐに洗えて乾くのも早い、というような帽子ならいいかもしれません。先日、我が家にもアベノマスクが届きました。

f:id:mikicure:20200522211957j:plain

防止のための帽子!?